寝汗をかくことは、うつ病が治りつつあるということ

一昨日、心療内科へ受診してきました。

「最近、寝汗が酷くて服がびしょびしょになるんです。副作用ですか?」と尋ねたところ、しっかりした文献はないが、寝汗をかくことは、うつ病が劇的に良くなっていく兆候だと感じている(今までの症例による)。

寝汗をかく=副作用

とは、限らないみたいです。

しかし、冬だというのに夜中は暖房を切っているのにも関わらず、寝汗をかく日が多いのです。

主治医の体験からということで、劇的に回復していく兆候というのであれば、とても喜ばしいことであると思っています。