リラックスしたいとき」「リラクゼーション」には、『クラシック音楽』が最適!

クラシック音楽の力

「不安」「動悸」「落ち着きなさ」などの心の不安定さがある時、ない時にも毎朝、クラシック音楽を30分はかけるようにしています。

勿論、不眠症もあるので、不眠時にかけていても「心が穏やか」になっていくので自然と眠たくなっていつの間にか寝ています。

ショパン夜想曲

・バッハ

モーツァルトピアノ曲

ドビュッシーアラベスク

ベートーヴェンの月光の曲

など、がとても理想的な睡眠や安定を誘います。

古典的な旋律は、ゆったりと心に浸透するような表現力があり、「自然」「情景」「作者の気持ち」全てを全身で感じ取ることが出来ます。

全身で音楽を感じるようになれば、心は勿論のことながら、全身の筋肉の弛緩作用にも繋がりリラクゼーションしていきます。

是非、「朝と夜」の30分程の時間をクラシック音楽を聴く時間を聴く時間に当ててみてはいかがでしょうか?

お風呂の中でyoutubeから流して聴くこともありますが、優雅なお風呂の時間になり楽しみの1つとなっていますよ!