うつ病と双極性障害の診断の難しさ

うつ病は、うつ状態が継続的に続いたり投薬治療によって「完治」する見込みがありますが、双極性障害の場合は、「寛解と再発」を年単位の周期で繰り返し、完治することがありません。
しかも、うつ病と間違えられてしまうことが多く「双極性障害」と診断することが難しいケースが多いです。
双極性障害は、「うつ状態」「そう状態」が交互の波によって訪れますが、「そう」の状態は長くは続かない為、見落とされてしまうことが多いです。しかも、自覚症状が乏しく周囲が「少しテンション高いのではないか?」と気づいて発見されることがほとんどです。
また、「軽躁状態」の時は、患者自身も気分爽快の為に「リーマス」を投与されて気分が沈んでしまうことを嫌う為に通院するまでに至りません。でも、「そう」の状態であると家族や家庭、職場に衝動的な行動や暴力的になってしまうことで周りを混乱させたり迷惑をかけてしまうことが少なくありません。
そのような場合、周りが支えてあげることと患者自身が「そう」状態であることを自覚して向き合うことから始めていくことが肝心でしょう。
私の場合、うつ病を発症してから次々と抗うつ剤向精神薬を過剰投与されてしまい、「そう」状態となってしまいました。
しかし、あまりにも薬の量が多い為、転院を繰り返して先月から新しい心療内科へ変えたのですが、向精神薬を安全な薬へ変更したり薬を抜いていくと、「薬の過剰投与でそうになってしまい、本来は、うつ病の可能性が高いかもしれない。薬を過剰投与して双極性障害と間違われるケースもあるよ。」と主治医から告げられて、今、徐々に薬を減薬して「うつ病」なのか「双極性障害」なのか、正しい診断をしてもらっています。
おそらく、年単位での治療となり正式な診断が下されるのも年単位となるでしょう。
一歩、治療を間違えてしまった場合、違う診断を下されて単なる「うつ病」の患者に「リーマス」を投与してしまうと、うつ状態が続いて逆効果になってしまうこともあります。
主治医とコミュニケーションをしっかりと図り、薬を処方してもらう時もちゃんと説明を受けてから服用しなければ、精神科医は、次々と薬を処方してしまう医師が多いです。
その為に、「セカンドオピニオン」という制度があります。
しんどい状態が続いて安定しない場合、セカンドオピニオンを受けることをお勧めします。