【美容関係の仕事で起業しよう】

女性は、いつまで経っても若くて美しくいたいですよね!
 年齢が上がっても「美しさ」「女性らしさ」を求める方は後を絶ちません。
 外出する時は、お化粧をするでしょうし、服装も場に合わせてオシャレな服を着ていきます。
 お肌の張りを保つために化粧品を入浴後につける方も多いのではないでしょうか?

 さて、ここでは、美容関係の仕事についていくつか紹介していきたいと思います。

<美容関係の仕事にはどんな仕事がある?>
 美容師、エステサロン、ネイル、足つぼ、アロマオイル、リラクゼーションといった仕事が主な美容関係の仕事になってきます。
 美容師は、美容院(女性)・理髪店(男性)の髪の毛を切ったり染めたりトリートメントしたりすることが仕事内容となってきます。
美容師になる為には国家資格が必要で専門学校を卒業して勉強しなければなることができません。
卒業してからも見習いで修業しないといけないので、短期間で起業しようと考えたらなかなか難しいですよね。
 なので、美容師の資格を持っていて独立して個人店を持ちたい方を対象とさせてもらいます。
 ネイルサロンについては、ネイル検定という民間の資格があって資格がなければサロンを開いてもいくら実力があっても難しいでしょう。
ユーキャンや民間の資格を取るための講座があるので活用して資格取得を目指して下さい。
1~3級まであったかと思いますが、実地テストがあったりして何度も練習して勉強しなければなりません。
エステサロンや足つぼ、リラクゼーションに関しては、実際の店舗で見習い研修と勉強として働きながら学ぶことができるので、実際に働いてみて下さい。
 さて、今回、美容関係で起業したいあなたは、資格があり起業するための要件を満たしていることを前提とさせてもらいます。

<資格や経験を大いに活かそう>
 あなたにとって資格や経験を取ろうと思った根拠は、人それぞれでしょうが「やってみたい!」「楽しそう!」「興味がある!」という方が多いのではないでしょうか。
 せっかく持っている資格や検定なので専門分野の中で知識やスキルを活かしていきたいですよね?
 おそらく、時間とお金をかけて美容関係という専門家を目指して、「その分野で起業して勝負したい!」と志があれば十分、成功できると思います。

<あなたのイメージを形にする>
 あなたはご自身の店を持つことに対するイメージ像が出来上がっていますか?
 「イメージ→再現性」に向けて努力していかなければなりません。
 理想と再現は全く違う意味合いになるので、理想を現実に近づけていく為には、どうしたらいいのか、検討しなければなりません。
 美容関係で必要な項目を挙げていきましょう。
① 資格の取得
② 経験年数(知識とスキル、相手に信頼感を与えられる)
③ 市場の把握と分析(需要が見込める候補地)
④ 店舗の確保と改装(利便性のよい場所)
⑤ 必要物品の購入(美容室や理髪店となると広い空間と設備)
⑥ 店舗のネーミング(覚えてもらえるような工夫)
⑦ 広報活動(チラシ、地元の市報、ホームページやブログ、SNSなど)
⑧ 営業許可証の申請
⑨ 衛生管理(清潔感を保つ)
⑩ 消防法の対策(スプリンクラーや消化器、排煙口など)
⑪ 名刺の作成
⑫ 必要な従業員の募集
⑬ 事業計画書と財務諸表の作成
 といった項目は、最低限、準備していく必要があります。
 このように見たら沢山準備しなければいけないことに気づかされますよね!
 営業許可書を申請しても直ぐには交付されません。
 書類などの審査に時間を要しますので3か月はかかるでしょう。
 これらのことを1つ1つ形にしていくには、毎日、少しずつでも情報の収集と分析をする必要があります。
 営業の認可が下りないと、「〇〇ネイル店」という看板を出すことができません。
 しかし、ホームページやブログ、SNSを利用して「いつ頃から〇〇を始めようと思います!」と広告を出して、どのような形でどんなことをするのか、顧客を集める為の情報の発信をしていきましょう!
 また、防火管理者などの防火法を尊守する為に、必要な資格は研修を受けましょう。 
 わたしのイメージですが、足つぼマッサージやアロマオイル、リラクゼーションマッサージに関しては、「薄暗い狭い空間」というイメージの為、比較的に起業しやすいかもしれません。

<定期的に勉強や研修会に参加する>
 とても専門性の高い分野で「品質の向上」「スキルの向上」が求められる職場になってくるかと思います。
 そこで、例えば、リラクゼーションマッサージを行っていくとすればマッサージの方法の勉強会や研修会に参加して学んで常にスキルアップを図る意識を持っていきましょう。
 日々、色々な器具や手技が開発されています。
 より意識を高く「学ぶ」という姿勢を忘れずに自身の専門性を高めて下さい。

<リラックスできる環境とは?>
 スウェーデンで開発された感覚統合療法の1つになりますが、部屋を暗くしてバブルユニットという機器があれば、「光と泡」を視覚的な感覚でリラックスできる効果があります。
 「薄暗い」「光」「静か」「匂い(アロマ)」を組み合わせれば、とてもリラックスできる空間ができることでしょう。
 人のリラックスした姿勢とは、「仰向け」になる姿勢になり、マットの上よりもゆったりとしたソファーやフワフワしたベッドの上に横になることが安楽姿勢だと言えます。
 そのような、環境面というのはとても大切なことなので、店舗を構えるときには、ベッドの配置や部屋の光度など、色々と工夫をして他の店舗との違いを明確に打ち出さないと顧客が他に流れてしまうことでしょう。
 最後に、紅茶やジャスミンなど少し香りのよいお茶をサービスしてもよいかもしれませんね!

<営業戦略>
 営業するのは、「数うちゃ当たる」ってわけにはいきません。
 「男性・女性」「年齢層」「子育て世代」「裕福層」「仕事帰りのサラリーマン」など、誰をターゲットにするのか、具体的に決めてある程度の地域も限定して営業していきましょう。
 「わたしは、日本中の人たちのアロマセラピーするんだ!」と言っても絶対に成功しません。
 日本という範囲があまりにも広すぎて漠然とし過ぎているからです。
 例えば、大阪市の郊外の若い世帯が多く住む、豊中市吹田市の〇〇駅から新しい団地のある徒歩10分程の距離に店舗を構えて、子育てしている女性をターゲットに日中の子供が学校に行っている時間帯に合わせて営業します!としっかりと具体的に絞ってみましょう。


ネズミ講はオススメできません!>
 美容関係でよくネズミ講が問題視されたりしていますが、ニューウェイズアムウェイなど代表的です。
 ネズミ講は、家族の信頼や友達も失いますので安易に進めたり買わせたりしない方が無難です。
 しかも、ネズミ講はだけではなく、化粧品などは、人によって肌に合う・合わないがあるため、アレルギーの発症などのきっかけにもなり、自分に合った化粧品を使わなければいけません。
 シミが増えたりアレルギーになってしまい、大手企業でも訴訟問題にもなっているので、安易な気持ちで進めるのはよくありません。

<まとめ>
 何事においてもそうですが、「戦略」というものを常に考えながらビジネスチャンスになるきっかけ作りやビジネス方法を考えなくてはいけません。
 ただ、思い付きや衝動的な考えで行動することだけは止めておきましょう。
 美容関係の場合は、店舗を借りたり設備を整えたりと百万単位の初期投資が必要になってきます。
 失敗したら借金しか残りません。
 後悔しない為にも、まずは、事業計画を作成して予算や黒字経営にするための営業戦力など考え、身近な方に必ず相談して下さい。
 本当に成功できる事業であれば銀行などから資金調達が可能でしょう。
 しかし、ビジネスは博打ではなく諦めるものでもないので、あなたの考えを文書化することから始めていきましょう。