パニック発作との向き合い方、対処方法

パニック障害とはご存知でしょうか?

「予期不安」「逃げ場のない場所」などの不安症状がストレスとなり引き起こされます。

症状として、「動悸・息苦しさ・じっとしていられない」などが挙げられます。

「電車に乗らないといけない!」って考えてしまうと過呼吸になってしまい、発狂してしまいそうになったりします。

「狭い空間」「人混みの圧迫感」でも動悸、冷や汗、頭痛、吐き気などを覚えてしまいます。

「ジッ」として落ち着いていられません。。。

あまり発作について考えないようにし、症状は、10分~30分で収まる為、「場面に慣れる」ということが1つになってきます。

また、呼吸を「腹式呼吸」にマスターすれば副交感神経が働いて落ち着きやすくなります。

「椅子に座ってかがむ姿勢」を取るだけで腹式呼吸となりますので、実際に試して下さい。

病気と上手に向き合っていくことが大切です。