【家族の介護を行いながら起業したい】

家族の介護をしながら仕事をされている方もおられることでしょう。
 実際に、介護と仕事の両立することは負担になりませんか?
 わたしの周囲でも、子供に生まれつき障害があり両親共働きしながら家計を支えて子育てしている方もいますし、親や祖父母が病気で寝たきりで介護をしながら仕事をしている家庭もあります。
 しかし、家庭と仕事の両立は並大抵のものではなく、かなり負担がかかり仕事を辞めざる負えないこともありますし、通所施設や入所施設に預けてしまう方もいることでしょう。
 今の時代、働きながら仕事をできるような制度を整えていますが、病院や入所施設より早期退院させないと報酬単価が削減されてしまう為に、在宅復帰させなければいけないという事情があります。
 病気や障害の程度にもよりますが、痰の吸引や生命維持装置をつけなければいけないケースもあり、訪問介護の利用を行ったとしても時間数に制限がある為、仕事を辞めなければなりません。
 医学の発展の為に日本人の平均寿命も年々伸びていますが、生命維持装置などにより「生かされている」というケースが増えています。人を生かす為に高額な医療費を負担せざる得なくなり、医療費の財政破綻に繋がっています。

 2025年には、団塊の世代後期高齢者になる為に若い世代1名が4~5人の高齢者を支えなくてはいけない時代が到来します。
 あなたは、親の介護をしながら仕事を続けていき、4~5名の高齢者を支えていくだけの資金や体力はありますか?仕事を辞めてしまったらあなたは、どうしますか?老後をどのように生活していきますか?

 わたしは、解決策を知っているのでお教えしましょう!

グループホームや居宅介護サービス等の利用>
 介護保険制度では、要介護度によって利用できるサービスに制限がある為、利用したくても何処かの利用を辞めないといけない場合もあります。その為に、どんなサービス内容があって、どのようなサービスを受けていきたいのか明確に相談員またはケアマネと調整していきましょう。老健は、人気で待機待ちの利用者が多いので、グループホームを利用するという手段があります。有料老人ホームは、入居する為に1000万円程のお金を出さなければならないので、お金がないと入所できません。
 日中帯に居宅介護サービスを利用して入浴介助や食事介助、家事援助などを行ってもらい、その間に仕事をする時間を行う方法があります。
 介護は、家族への負担が大きく何年も渡って介護をしなければならないので、社会資源を有効活用することによって仕事を辞めずに続けていくことができます。
 あなたの娯楽や仕事を確保できる時間を作っていきましょう!

<ある家族の体験談>
 5人暮らしをしていた家庭で、両親は共働きで子供は次男大学生と長男就職、祖母が日中1人で過ごしているというケースがありました。
 アルツハイマー認知症を患い徘徊し、また、異食行為が始まり醤油を飲み物と間違えて飲んでしまうなどの症状や、妄想やセールスマンから高額な物を買って請求書が届いたという話です。
 現代社会では、女性の社会進出も進み介護ができない状態があるという実態が存在しています。
 地域社会を巻き込んで社会資源を活用しながら介護を行うケースが益々、増えていくことでしょう。

<小さなことから始めよう>
 ビジネスとは、小さなことから始めていくことが大切になります。
 始めから大きなことを始めようなどと考えてもリスクが大きくてとてもできません
 例えば、「三菱」は、1つの船で物の売買を行うというのが始まりとなっていますし、 「東芝」は、江戸時代のからくり人形を作って大衆に実演してみせるということが原点となっています。
 他にも例を挙げたらきりがないので、話はこのくらいにしますが、「自分のやりたいこと」「自分の興味関心や趣味」という所から始まっています。
 本当に小さいことであなたの興味関心のあることから始めてみたらいいんですよ。
 とても、簡単なことですよね?

<簡単なこととは?>
 外食した時に、とても美味しそうな料理が出てきたとき、「写真」にとって店の雰囲気や料理がどうだったのか?感想を書くだけでいいんです。
 あなたの、介護をして大変だと思うことを書いたらいいんです。
 他にも、「医療」「福祉」「生活について」「育児」「引っ越し」「恋愛」「結婚」「エンターテイメント」など、身近な身の回りにあることがそのままビジネスに繋がります。
 「本当なの~?」と思うかもしれません。
 それが、毎日30~1時間の時間があればお金になるのです。


<インターネットを使ったビジネスの方法>
 インターネットを使用したビジネス方法は、沢山ありますが国民の900万人がインターネットを使っています。
 また、インターネット以外にも今は、スマートフォンタブレットという常に携帯している物があり、何処にいても調べたいことがあれば「Yahoo!」「Google」の検索エンジンで情報を知ることができる時代です。
Googleマップを使って自分の家を調べると建物の写真まで分かりますし、知らない電話番号から着信があって、検索エンジンにかければ相手が誰なのか分かるんですよ?凄いと思いませんか?
 日本の人口の中でインターネットをする人の900万人以上の人がビジネスの対象者となるのですよ?

アフィリエイトとは?>
 アフィリエイトとは、簡単に説明するとホームページやブログであなたのオリジナルのサイトを作り、広告を掲載して広告収入を得るという手法になります。
 今は、無料でホームページやブログを作成できるサイトがあるので、全くリスクを冒すことなく、しかも簡単に作れちゃいます!
 「FC2ホームページ」「アメーバブログ」「Wix」「Seesaa Blog」など無料で登録して自分のサイトを持つことができます。
 サイトにアフィリエイトの登録手続きのやり方が載っているので、マニュアルに沿って登録したら終わりです。
 後は、世の中のニーズに合わせて情報を発信すればいいのです。

<情報の発信とは?>
 あなたの興味関心のある分野が一番書きやすいのではないでしょう?
 まずは、テーマを1つに絞ってから始めるのがベストです!
 カテゴリが色々とあり過ぎると、途中から更新がなかなかできず、読者も離れていってしまいます。
 他の人気ブログなどをある程度読んで、情報の収集や分析をすることも大切で、表現が違っても同じ内容の情報を発信しても顧客の取り合いと同じで、より質の高いものを提供しなくては勝てません。
 「勝つ」ことよりも情報の分析からあなたの知っている情報や体験談を交えながら情報を発信する方が、効果的ではないかとわたしは考えています。
<インターネットを使った他のビジネス>
 あなたの家にある物を「オークション」にかけてお金に変える方法がありますが、いつかは、物が尽きてしまいます。
 商品を購入して物品販売という方法もありますが、在庫を抱えてしまうリスクが問題です。
 あなたに専門的な知識があれば、写真や文書(雛形)、技術提供やマニュアルの作成といったビジネスのやり方もあることでしょう。
 また、インターネットビジネス講座を開催して収入を得るというやり方もありますが、経験や知識が必要です。

<まとめ>
 介護をしながらでも、あなたの好きなことを活かして起業することができる!ということをお伝えしました。
 小さなことから少しの時間から始めていければ、負担やストレスにならずに簡単に起業することができるのです。
 今のうちに将来のこと、子供のこと、老後のことを考えて行動すべきではないでしょうか。