仕事を円滑にしたい!コミュ障 (コミュニケーションを取るのが苦手な人)の特徴・やりがちな失敗例・克服方法

ここでは、「発達障害」「アスペルガー症候群」の特徴についてご紹介しますが、アスペルガー症候群発達障害のグループに属しています。
 アスペルガー症候群は、生命に影響するような症状が少なく、知的な遅れもないため、本人も周りの人も「ちょっと変わっている人」と思うだけで、障害に気づかないまま成長していることもあります。なので、障害があることに気づかれにくいことによる弊害は決して少なくないでしょう。本人は周りの人との間にある目に見えない溝に悩み、孤独感を強めていることがあります。また、親や周りの人も扱いにくいと思うだけで、間違った方法で接してしまいがちです。その結果、問題が更に大きく複雑になることもあります。

【コミュニケーションを取るのが苦手な人の3つの特徴】
 <理解や反応の仕方が異なり、言動や行動に3つの特徴が現れる>
   アスペルガー症候群は、自閉症のグループに属する病気ですが、知的な遅れはなく、特定の分野で高い能力を発揮する人も少なくありません。他人とのコミュニケーションも出来ます。
   しかし、周りの世界の理解の仕方や、日常の出来事に対する反応の仕方に独特なものがあり、言葉遣いや行動に次の3つの特徴が現れます。
① 言葉の理解や使い方が独特 ・慣用的な言い方や例え話が分からない
・簡単な会話が苦手で話が回りくどい
・難しい言葉を知っているが意味を理解していないこともある
・会話が噛み合わず、人の話を聞いていない
② 相手の気持ちやその場の状況を読み取れない ・相手の気持ちを感じ取ったり、自分の気持ちを表すのが苦手
・その場の状況を読み取れず、暗黙のルールが分からない
・話が一方的で、突然話題が変わる
③ こだわりが強く、行動パターンが決まっている ・こだわりの強さは、不安の現れ
・こだわりの強さは他人にも向けられる
・集中力はあるが、同時に2つ以上のことをするのは苦手

ここで、発達障害についての説明もしておきましょう。
 発達障害とは、成長とともに発達していくはずの知能や精神活動、運動機能などが、生まれつきの理由によって遅れたり妨げられたりするもので、「運動発達遅滞」「精神発達遅滞」「広汎性発達障害」「学習障害」「注意欠陥・多動性障害」に分類されます。広汎性発達障害の中に「自閉症」「アスペルガー症候群」「特定不能の広汎性発達障害」が含まれています。
 近年、自閉症アスペルガー症候群を「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれています。「スペクトラム」とは、「連続体」という意味で、「自閉症とそれに繋がる一連の障害」という意味になります。
 ここで、アスペルガー症候群は、相手に失礼なことを言ったり、自分の思い通りにいかないと怒ったりする為に、「わがままでしつけのなっていない人」と誤解されることが多いです。しかし、育て方やしつけが原因ではありません。脳のどの部分に障害があるかはまだ分かっていませんが、複数の部分の機能が上手く働かず、その結果、脳全体のネットワークにも障害が及んでいると考えられています。それを、周りがしっかりと理解してあげて下さい。

【コミュニケーションを取るのが苦手な人がやってしまいがちな失敗例】
 私の友人にアスペルガー症候群の方がいますので、事例を挙げて説明します。
1) A氏(女性)
相手の人と話をする時、視線がなかなか合わず、周りをキョロキョロしていることが多いです。恐らく、会話に集中できず周囲に注意がそれてしまうのでしょう。簡単な会話も短く簡潔にまとめることができず、1分の内容が5分かかってしまいます。また、会話全体にまとまりがない為に「で?それで何?」ってことになってしまいます。
    それで、「変わった人!」と見られがちで仕事でも苛めの対象になってしまっています。お互いの距離感を取ることが難しく、具体的に仕事の説明をしてくれないと理解できず、パニックになってしまいます。
    仕事もマニュアル通りにはいかず、3つくらいの仕事が舞い込んできた時、どれから手をつけていいのか分からず、優先順位をつけられないという状態です。なので、自分の思い込みで仕事を進めてしまうことが多く、同僚から仕事ができていないことやミスが多いことで、周りから注意や怒られたりしてかなりのストレスを抱えて心療内科にかかっています。
    また、高齢者福祉の現場で働いている為、高齢者とのコミュニケーションの時に上手に相手の気持ちのことを察することが出来ない為、利用者を怒らしてしまうといったトラブルを起こしています。

【コミュニケーションを円滑にとるために今からできる4つの克服方法】
1)言葉の選び方
  具体的な言葉で短いセンテンスで簡潔に伝えてあげましょう。わかりやすいのは「です・ます調」が伝わりやすく、「ダメ」という否定的な言葉は避けて下さい。
2)わかりやすい伝え方
  指示は1つずつ出していきましょう。指示する前には、注意を促してみましょう。文字や写真、絵などを用いて構造化してあげて下さい。スケジュールは、予定や見通しを事前に伝えておくことです。低い明瞭な声で、ゆっくりと伝え並び方や距離、視線にも注意を払って下さい。
3)上手な叱り方・ほめ方
  感情ではなく中身をしっかりと具体的に伝えてあげて下さい。また、相手が喜ぶ褒め方をしていきましょう。
4)「成長する力」を引き出すには
  できないことを指示せず、できることを指示していきましょう。本人のこだわりを認めてあげ成長するきっかけ作りをしましょう。強い興味を生かすことは、他の人にはない良いアイデアかもしれません。