休日に急激に精神的に不安定になって緊急で駆け込んだ心療内科

先週の日曜日に突然、激しい不安感に襲われて安定剤を大量摂取してしまい、それでも落ち着かない為、普段に通院している精神科では空いてないので、救急で受け入れてもらえる精神科をネットで検索してみました。

大阪府北摂地域には、3カ所見つかりどこの病院がいいのか?あまり分からないままでしたが、一応、ホームページを呼んで安心できそうな場所を選びました。

阪急淡路駅から徒歩1分の場所にあり、「ゆみ心療内科」というところへ行きました。

朝からずっと一人で色々と悩んだり心の不安との葛藤がありましたが、何とか一人で飛び込んでみました。

ホームページの説明もとても丁寧に書かれて治療方針もしっかりと明記されていました。

「治療方針」「患者と向き合う」「極力、向精神薬ではなく、漢方や鍼灸による治療」という患者に負担のないことを目指すという内容が書かれてあったのでそこに決めました。

精神疾患の患者さんで土日祝に精神状態が不安定になったら困りますよね?

緊急の外来を受け付けてもらえる所は、本当に限られています。

運よく、近場にあったので飛び込みで診察してもらうことができました。

すると、10種類ほどの薬が処方されていましたが、副作用や薬同士の反発でこのまま飲み続けていたら症状が治らないと言われました。

また、自殺の危険性が高い為、本来なら入院レベルだと言われどうするか問われました。

入院だけはさけて自分自身でしっかりと薬の自己管理を行いたいと申し出て、明後日、再度通院するように言われ、病院も変えることにしました。

今回で、3回目の病院の変更になります。

向精神薬眠剤を多量に処方されているのが間違いで直ぐには薬を変更することができない為、安定剤も含め最小限や減薬してもらいました。

3日くらい経ってから徐々にリーマス800→400㎎に減薬したにも関わらず、そう状態から抜け出して安定した気持ちに落ち着いてきました。

病院を選ぶということが如何に大切で難しいことなのか?を思い知らされ、今までの病院を選んで1年毎に転々としていたことに残念な気持ちです。

急な減薬や新しい薬をバンバン使用する精神科医は、あまりよくないということが分かりました。

今回の経験を、皆さんにもお伝えしていけたらと思います。