双極性障害の治療の為の主治医の選び方

わたしは、6月よりうつ状態が酷く、基本「リーマス800㎎」「パキシル50㎎」で症状のコントロールを行っています。

2種類の薬でなかなか改善が見られない為に、①「リフレックス」(1週間で副作用が強すぎて中止)、②「エビリファイ」(2週間試したが効果なし)、③「サインバルタカプセル」(1週間で副作用が耐えられず中止)という投与の仕方でした。

個人的には、「リーマス」のミリ数を減量してもらいたかったのですが、「操転の危険性がある」と言われリーマスを減らすことをしてもらえませんでした。

8月まで色々な薬を処方されて副作用と離脱作用に苦しみ、仕事も吐き気などで突発的に週に1回は休むことが多く、8月後半に職場から「突発的に休むなら休職して下さい」と言われて今、休職しています。

通院も週に1回は通院するよう言われており、8月の後半にリーマスをようやく「400ミリ」に落としたのですが操転してしまいました。

行動や言動や「衝動的」「攻撃的」でとても危険な状態と言われ、「リーマス800ミリ」「パキシル25ミリ」に変更しましたが、9月に入ってからまた、副作用と離脱症状に苦しんでいる毎日です。

本来、ここまで薬を大幅に変更したり休職まで追い込まれるまで薬を調整しなければいけないのか、とても治療に対する疑問を感じています。

そして、操転したときの危険性の認識は自覚していますが、「社会的に問題」と果たして言えるのでしょうか?

自殺企図や他者に対する攻撃性という社会常識を逸脱した行為に関しては、問題として捉えても構わないでしょう。

診療でわたしの話を40分ほどかけてきいてはくれますが、治療に関する不信と不安、疑問を抱かざる負えません。