②ストレスとは?

ストレッサー=ストレスの要因

ストレッサーとストレス反応を合わせて「ストレス」と呼ぶ

 


(ストレス):セリエによれば人間を含む動物は、ストレッサーの種類にはあまり関係なく次のような反応(ストレス反応)を示すという。
       →※ 暑さや寒さ    →※ 外敵     →※ 過重労働

①警告反応期:副腎皮質刺激ホルモンが脳下垂体から分泌され、交感神経が興奮する。
       体温や血圧が上昇する。
       ※ ここで気分転換したりストレッサーがなくなれば、②以降はなくなる。

②抵抗期:ストレスがかかり続けると、①の反応が続く。

③疲労期:さらにストレスがかかり続けると、胃潰瘍自律神経失調症など、様々な症状が出てくる。


※豆知識:必ずしもつらいことだけがストレッサーになるとは限らない。環境の変化は概ねストレスとなる。
     人にとっては結婚や昇進などもときとして大きなストレスになることがある。